キーパー

腕をやわらかくして構える

キャッチンクグはトラップと同じで、キャッチする手をやわらかく使う。ボールが手に当たった瞬間、衝撃を吸収するようにひじを曲げ勢いを殺しながらキャッチ。腕に力が入りすぎてしまうと、ひじをうまく曲げられなくなり、ポールを弾いてしまう。またキャッチングは、手の後ろに力ラダがあるときのみ使うこと。実際、キャッチより力ラダに当てるケースの方が多いだろう。無理にキャッチしようとしてゴールを許してしまうのは最悪だ!

基本は近くの昧方

ゴールクリアランスやシュートキャッチ後のスローインクグは近くの昧方に出すのが基本。とはいえ、遠くで昧方がフリーになっていることも多く、このときうまく昧方にパスが通れば一気に得点が狙える。スローイング前はコート全体を見渡してチャンスを見逃さないようにしよう。ただし、ゴールクリアランスのときにゴールエリア内の昧方にパスを出すとファウルになってしまうので、その点だけは注意しよう。

ロングスロー

特にロングスローの場合は、正確さもさることながら昧方が取りやすいボールを投げるようにしましょう。利き足めがけて投げる、昧方の近くにスペースがあったらそこに投げる、敵が後ろにいたら一歩前に出す、などスローすることで昧方のプレーをサポー卜してあげましょう。

シュートコースをせばめられる

一対ーになりそうだつたら、キーパーは迷わす飛び出した方がいい。飛び出すことでシュートコースをふさげるし、敵にプレッシャーをかけられる。追ってくる敵にパスはないと感じたら、すぐにペナルティーラインまで飛び出してしまおう。初めのうちは飛び出したところを狙われたり、予想に反しパスを出されてしまうかもしれない。しかし、何度か試すうちに敵のやろうとしてくることを把握し、正しい判断ができるようになるはすだ。飛び出すと決めたからには、ためらわず一気に前に出ること。「出たらマズイかな?」と思いながら前に出ると、どうしても前進速度が鈍り、それがスキを生むことになってしまいます。一気に前へ出ればシュートコースをふさぐだけでなく、相手にプレッシャーを与えミスキックを誘うと出ると決めたう迷わず前進しましょう。初めのうちはミスをしてもいいんです。「このタイミングでは遅すぎる」、など何がいけなかったのか考えて次のプレーにつないでいき、飛び出しのタイミングを徐々に覚えていきましょう。