チームの連携

チームの連携でパスを邪魔する

「ウラ・タテを切る」とは、昧方がボールマンをマークしているときにパスコースをふさぐこと。「タテ」は自分の後ろに入ろうとする敵へのパスコースをふさぎ、「ウラ」は自分のマークマンが走り込んでもらおうとするパスのコースをふさぐ。当然自分では後ろを見ることはできないので、タテ・ウラを切るには昧方がしっかりと指示するのが大事。「タテ切って」と指示されたら、自分の後ろにフリーの敵がいることを意味するので、後ろにパスされないような位置へ移動しよう。

ラインを作って『ナカ』に入れさせない

ここまで紹介したディフェンスができたら、今度はチーム全員でしっかり守っていこう。マンツーマンと同じように、注意すべきは「抜かれないことJrナ力にパスを入れさせないこと」の2点。敵がピヴォを立てて攻めてきたら、そこに1人、ボールマンに1人、それぞれマークをつけ、残りの2人はポールをナカに入れさせないようにラインを作ってデ、ィフェンスする。このラインをしっかりと作れるかどうかが、このディフヱンスのポイン卜となる。

変化に惑わされないように

ボールを自陣深くに入れさせないようにしよう。後ろの2人はフリーになるのを防ぎ、前の2人はパスを通させないためのラインを作る。ひし形とボックスを流れるように変え続けることもよくある。充分な柔軟性をもって対処しよう。

不用意に飛び込まないこと

抜かれないことが大事なディフェンスだが、それだけでは相手がミスをするか、シュートを打たれるまで敵の攻撃が続くことになってしまう。これでは敵の得点チャンスを増やすことになるだけだし、カウンターも狙えない。敵の力ラ夕、か5ポールが離れたときや、敵の視界に自分が入っていないときくらいはカットを狙ってもいいだろう。しかし、不用意なカットは敵にチャンスを与えるだけ。カットに行くときには、慎重かつすばやく敵のポールを奪い取ろう。