ディフェンス

 常にボールの前に立てば敵はシュートしづらい

  1. 敵にポールが渡ったら、片側を空けてライン際へ誘うように守る。ラインに追いつめれば、敵の選択肢を「後方にパス」のみにできる
  2. 敵がシュートレンジまで来てしまったら、今度はシュー卜を打てない方向に追い込もう。基本はゴールとポールの延長線上に立つ
  3. ラインに追いつめれるとペースを広く生む。キープがうまく視野の広く敵にスキをつかれかれないので注意

距離と方向を踏まえて守る

ゴールを狙える位置まで敵が前進して来たら、シュートを打ちづらくするディフェンスを行おう。ボールとゴールの聞に立つようにして、シュートコースをふさぐ。こうすると片側が空いてしまうが、たとえ敵が抜きに来てもシュートしづらい体勢になるかライン際に移動するだけなので問題なし。ただ、敵との間合いはゴールに近づくほどせばめて行かなければシュートコースは消せない。ペナルティーエリア近くならピッタリくっつくことも多くなる。

カベはフリーキックの場所によって作る人数を決めます。シュートコースがたくさんある正直なら複数の人で、角度のない場所なら1人で作りましょう。ただ、フリーキックは敵が自由にプレーを再開できるので、味方の陣形が整っていないようなら、ポールの目の前に立って蹴るのを郡魔してしまうのもひとつの手。ただし、度がすぎるとイエロー力一ドをもらうので注意しましょう。

ボールばかり見ないように

慣れないうちは、ボールマン以外をマークしていてもポールの動きにばかり目がいってしまい、肝心のマークマンに注意を払わす簡単にスペースに飛び込ませてしまいがち。こんなミスをなくすためにも、マークマンをしっかり見ながらディフェンスしよう。