ピボットへボールを入れる狙うを全員で持とう

前線に張るピボッ卜にボールを預けて、シュートチャンスを狙う形は、攻撃の定番とも言え、このほかにもたくさんのピホット当ての種類がある。個々のポイントには共通したものが多いので、ますは基本形を理解しよう。

  1. 4人がダイヤ型の陣形でボールを回してからのスタート。Aが右のBヘボールを振ると同時に、ピボッ卜のDが右前へ移動。Bはボールを受けたら、Dにタイミングを合わせて縦パスを送り、ゴール前へ走る。
  2. Bがゴール前へ動くことでできたスペースに、Aがマークを振り切って入り込む。Dはタメを作ってタイミングを計り、走ってきたAへパス。Aは自分でシユー卜を打っか、ゴール前でフリーになっているBへのパスを選択する。Cは最後尾に回って、全体をカバーリンク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です