シュートの成功率を上げるコツ

サッカーに比べ、フットサルのゴールはかなり狭くなります。
よってシュートをゴールに叩き込むには、サッカー以上にピンポイントで狙いをつけねばならなくなってきます。

シュートの基本は、できるだけゴールに近づいてから打つことです。
遠くからでは狙いがつけにくいですし、ゴールに近づく途中で相手チームのプレーヤーにボールを取られる確立があがってしまいます。

ゴールを守っているゴレイロの隙をつくためには、ゴレイロの動きをしっかり見て、ゴレイロの現在の体の動きから考えて取りづらいと思われる位置に狙いをつけることです。
取りづらいコースのシュートを取ろうとすると、どうしても体の反応が遅れてしまうことから、シュート成功率はグッと上がります。
味方プレーヤーと協力してフェイントをかけ、ゴレイロがゴールの中心から動いた隙をついて、ゴレイロと逆側のスペースを狙うというやり方もあります。

他にもゴールの隅など、どこにいても高確率で取りづらくなる位置を狙うのもよいでしょう。
ただし隅などの局所を狙うと、慣れない方の場合はそもそもゴールに入らないこともあります。
その場合、ボールがゴールの後ろに張られたネットに当たってしまい、それを拾ったゴレイロのプレイによっては、せっかくの攻撃チャンスが相手チームに有利な状況へと一転してしまうかもしれません。
自分の腕や状況を見て、シュートの狙いを定めましょう。

また、ゴレイロによって取りやすいシュートのコース・取りにくいシュートのコースが存在します。
一般的には身長が高いゴレイロは、高い軌道のコースで打たれたシュートを取りやすく、低い軌道のコースで打たれたシュートを取りにくい傾向にあるようです。
理由としては、低い軌道のシュートはしゃがむなど身を低くして取る必要があるのですが、身長が高いと身を低くするまでのアクションに少々時間がかかる場合が多いなどがあげられます。
逆に身長が低いゴレイロは、低い軌道のコースで打たれたシュートを取りやすく、高い軌道のコースで打たれたシュートを取りにくい傾向にあるとも言われています。
ただしこれはあくまで一般論なため、ゴレイロの動きを見て得意・不得意なシュートのコースを見極め、不得意なコース中心に攻めていくと、シュートの成功確率が上がることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です