緊張した場面での蹴り方のコツ

試合などの緊張した場面では、自分が思わぬような形でボールを切らなければならないポイントが多くある、というふうに言えるわけです。そのような場合にうまくボールを扱う自信がない人にとっては、あまりフォームを気にしすぎてはいけない、というアドバイスを送りたいというふうに考えられます。フォームを気にしすぎてしまうあまりうまくボールを蹴れなくなってしまうというイップス状態に陥ってる人が見受けられますが、考えすぎるのではなくなるべく柔軟に対応するということが重要だと言えるでしょう。特に、ボールが自分よりも前にある場合などに、インサイドキックやインステップキックを選択してしまえばボールに到達するのが遅くなってしまいます。相手のチームなどとボールを競っている場合などでは、つま先を使ってキックすることも選択することは重要ですし、フットサルのボールは飛ばないようにできており、足とぶつかる時間がサッカーのボールよりもやや長いようにも感じるような気がしますので、親指を上げるなどして爪とぶつからないようにしておかなければ、大きな怪我を招きかねないという風に覚えておいた方がいいかもしれません。また、状況に応じてとっさの判断で踵を使ったヒールキックなども洗濯することも重要です。おおきく振りかぶってしまうと、ヒールキックをしようとしてしまうことがばれてしまうため、柔らかくかかとを使ってボールを押し出すというイメージを強く持っていくことが重要でしょう。しかし、インサイドキックやインステップキックどのようにボールを見たり、自分の足を見たりすることができないキックであるということを考慮すると、積極的に使うべき選択肢ではないという風にいえますし、とっさの判断の時以外ではやらないほうがいいキックであるという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です