アンダーラップの使い方「足首」のカーブ

「アンダーラップ」はテーピングを行う際に、汗や体毛によるテーピングテープのヨレやねじれを防いでくれるとともに、テープの粘着によるかぶれやアレルギーなどを防いでくれる働きがあります。サッカーやフットサルなど、脚に大きな負担がかかり、汗を大量にかくスポーツでは、アンダーラップをうまく利用することで、テーピングの効果を半減させないようにいたしましょう。

根足首のねんざなどにアンダーラップを使用する場合は、足首のカーブなどですき間を作らずに均等に巻き上げるテクニックが必要です。アンダーラップを均等に巻き上げていない状態では、テーピングテープが固定できずにゆるんでしまい、ねんざの箇所をかえって痛めてしまう可能性も考えられます。

アンダーラップを足首に巻き付ける時は、シワ・すき間に気をつけながら、少し引っ張るくらいの感覚で均等に巻き上げるのがコツとなります。足首のカーブの巻き上げに慣れないうちは、布製の包帯などを練習用に用意して足首のカーブに沿って均等に巻き上げる訓練などをしてみることもテーピングの技の上達につながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です