昼寝の活用法

スポーツ選手の1日のスケジュールなどを垣間見ていますと、トレーニングの他にもたくさんの休息時間を設けていることに気づくことがあります。バスケットボール、サッカー、フットサルなど持久力も必要となるハードなスポーツを行う選手たちの基礎体力の作り方として、1日のスケジュールのなかで昼寝を活用している選手たちもいるようなのです。激しいトレーニングや試合をこなすなかで、めいいっぱいに身体機能を酷使していれば、さぞかし夜はぐっすり眠れるのだろうと考える方も多いかもしれませんが、ハードなトレーニングや試合のあとには、神経が高ぶりすぎてしまい逆に快眠することができない選手たちもいるようなのです。日中、30分から1時間程度、仮眠を取ることで睡眠不足を補うとともに身体的にも精神面でもリフレッシュすることができるとも言われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。